HOME > 稽古場便り


昨日チラシ・チケットを印刷屋さんに発注しました。
シニア演劇大学4次生の募集チラシも同時進行で作業しておりました。
まもなくどっさり稽古場に届くことでしょう。
「公演情報」のページに裏面も掲載しておりますので、ご覧ください。

ではではでは〜っ!乞うご期待!!



web管理人 桑原


次回上演作品の本読み中。

メンバー数名、東京まで作品所縁の地を視察してきました。

登場人物は女性ばかり。
笑える要素満載。
派手なアクションあり。

どの役にあたってもセリフ量は
そこそこ多く、
気合い入れていかないと、
上演時間がおそろしく……とてつもなく……長くなりそうです。
さて、なんでしょう???

上演日程は2019年5月3日・4日。
場所は一心寺シアター 倶楽。
詳細は後日発表します。


web管理人 桑原


前回非常に反響の大きかった「広島第二県女二年西組」。
京都の日本キリスト教団室町教会にて再演の運びとなりました。
入場無料です。みなさまぜひお越しください。

web管理人 桑原



悪天候に苛まれ、一時は上演も危ぶまれていましたが、おかげさまで全回ほぼ満席にて終演いたしました。
みなさま足元の悪い中、お越し下さいまして本当にありがとうございました。

しかし……シングルキャストでぶっ続け6回公演。おそるべしシニア……最高齢は今年80歳。

web管理人 桑原



さて、本番まで一ヶ月をきりました。
このところ写真が撮れていませんでしたが
今日は遅刻したおかげで・・・あ、無断遅刻ではありませんよ・・・撮れました。

生きているものとして考えさせられるシーンです。
昔はちょっと違う受け止め方してました。
まだ「死」はメルヘンだったのかもしれない。
現実はそんなもんじゃない。
でもやっぱり理想を掲げながら生きていきたい・・・

「なんのことかさっぱりわからないぞ」って方は7月6・7・8日、谷町劇場へGO!!

web管理人 桑原



年が明けたと思ったらもう5月。
さて、豊齢線の次回作が決定しまして、すでに立ち稽古に入っております。
詳細は近日発表!!
←会場はここ谷町劇場です。

web管理人 桑原



2017
12月19日(火)PM2:00〜
「豊麗線」の忘年会。
劇団大阪稽古場(谷町劇場)にて、朗読、ダンスなど出し物いろいろあります。
どなたさまも観覧は無料です。

お問い合せは
劇団大阪06-6768-9957まで

web管理人 桑原



2017
7月21・22・23・24日
「豊麗線」第4回公演「日暮町風土記」
立ち稽古始まっています。
画像はB班の主演の二人。
エアコンの効いているお部屋で
汗だくの稽古。
がんばってぇ〜。

チラシ・チケットも昨日届きました。

日時予約制となっております。
お問い合せ/お申し込みは
劇団大阪06-6768-9957まで

web管理人 桑原



2017年4月14・15・16日
劇団大阪シニア演劇大学三次生第一回公演
作・松田正隆 演出・熊本一「海と日傘」
豊麗線メンバーも多数出演します。
日時予約制となっております。
お問い合せ/お申し込みは
劇団大阪06-6768-9957まで

web管理人 桑原


 今年の望(忘)年会「余興として、それぞれ隠し芸を披露しましょう。」ということだったのですが、気づけば気合いの入った「作品発表会」。お客様も結構来られたりして、しばらく豊麗線をお休みしていたweb管理人には驚愕の展開でした。

 癒し系梅本さんの司会進行で、芝居や素語り、朗読、踊り・・・そして飛び入り参加の劇団大阪斎藤さんの重厚感のある朗読・・・その後稽古場の近所の「魚や」さんで大宴会となりました。

 まだまだまだまだ元気いっぱいの豊麗線メンバーです。

 来年はシニア演劇大学二次生の公演が3月に、三次生が4月、そして豊麗線の公演は7月に予定されています。

 乞うご期待!!

web管理人 桑原

無事終演いたしました。蒸し暑い中、たくさんお越しいただきましてありがとうございました。客席には懐かしいお顔もチラホラ・・・「いつ見とんねんっ」とつっこまれ・・・。それと、お見送りの際に知人以外の方々からも、握手していただいたり、たくさん声をかけていただきました。「昔を思い出した」「通天閣の出来た頃のことがよくわかった」などなど。次は岩手公演です。岩手の皆様、おこしやす♪♪♪

web管理人 桑原

本番まであと一ヶ月。昨年の再演ですが、配役も少しかわって、新たな演出、新たな気持ちで取り組んでいます。乞うご期待!!

web管理人 桑原

2016年6月13日・14日・15日・16日・17日京都劇場にて京都シニア演劇フェスティバルが開催されます。雑誌「上方芸能」発行人 木津川計氏はじめシニア劇団5団体による6作品が上演されます。
1作品2000円(発起塾のみ2500円)、そして5作品通し券なら3500円!なんと2作品観ただけでも元がとれてしまう♪というお得なチケットも販売されます。チケットお申込、お問合せは劇団大阪06-6768-9957、またはこのホームページお問い合わせまでどうぞ。

web管理人 桑原

上演が目的ではない・・・はずだったのに・・・チラシができている・・・!?

驚愕の展開ではありますが「公開勉強会」だそうです。
稽古を観ていただく感じになります。
現在劇団大阪シニア演劇大学3次生募集中ですので、「稽古場の雰囲気をちょっとみてみたいなぁ」とお考えの方にも良い機会かもしれません。こちらはドキドキですが・・・

プログラムに時間も含め変更がありますので、お手数ですがお越しになる前にお問い合わせくださいね。


web管理人 桑原

明けましておめでとうございます。2016年初稽古です。
しばらく病気治療のためお休みしていたメンバーも元気なお顔を見せてくれて、晴れやかな年明けとなりました。

6月の京都劇場、9月の銀河ホール(岩手)での公演の詳細も発表されました。

2月3月は、「貧乏物語」班、「頭痛肩こり樋口一葉」班に分かれて本読みです。上演が目的ではないので、作品を丁寧に読み、理解を深めていきます。

さて、第二次劇団大阪シニア演劇大学第一回公演「かあちゃんたちの明日」の稽古は佳境に入っているそうです。既にほぼ満席の回もあり、新年早々から白熱の稽古だとか。

web管理人 桑原


昨日15日に反省会が行われました。
お客様からいただいたアンケートを回し読み、想像以上の反響に驚いています。「ぜひ再演を」との声も数多く、たいへん好評でした。シニア劇団のお客様はやはりシニアの方が多いのですが、若い人、こどもたちにもこれを観てもらいたい、この事実を知ってもらいたいという意見も多く聞かれました。
戦後70年の節目、今回のこの取り組みは多くの新聞にも取り上げていただきました。
劇団大阪豊麗線の旗揚げ公演、大成功と言えるのではないでしょうか。

web管理人 桑原


全公演満席で、終演いたしました。皆様本当にありがとうございました。
最終日は作者である関さんが東京から日帰りで駆けつけ、
アフタートークしてくださったそうです。
残念ながらweb管理人は、この公演に参加しておりませんので、
来週の反省会後に改めて報告いたします。
画像は本番直前の様子です。

web管理人 桑原


本日は動きもつけながらの稽古です。すみません、代役をしているもので、まともな写真が撮れません。
さて、お席のご予約もぼちぼちいただいております。会場の谷町劇場は70席ほどの小さな劇場ですので、必ずご予約の上、どうぞお越し下さいね。

来年2月には第二次劇団大阪シニア演劇大学の第一回公演です。作品も決まり、チラシデザインもただいま作成中です(ほぼできました♪)。キャスティングはまだ検討中とのこと・・・
決まり次第、劇団大阪シニア演劇大学ホームページにてお知らせいたします。

web管理人 桑原


「広島第二県女二年西組」は、当初より増え、12月4日・5日・6日各2ステージ、計6ステージの公演となりました。まだ読み合わせ中です。「上手に読もうとしないこと」と、演出の和田さん。
今日は振り付けをしてくださる水谷エンコさん(ザ・プラネッツ)も同席されました。
稽古中の写真を撮るつもりが、シャッターチャンスをおもいきり逃してしまい、替わりにこの絵です。小さい小さいキャンバスにコンテで描き、今回のチラシに使ったものです。
一昨年、クリスマスの公開発表会で「広島第二県女二年西組」を上演しました。その取り組みの際に、実際の二年西組の少女たちの写真を見たのですが、おかっぱ頭、柔らかそうなふっくらとした頬が、想像以上に幼くて、胸が苦しくなりました。きっと明日の自分を夢見、描いていたであろう広島の青い空に、あの日昇った恐ろしいキノコ雲・・・。原子爆弾は、彼女たちのすべてを一瞬のうちに焼き尽くしてしまいました。

web管理人 桑原


さて、リニューアルオープン、動き始めました。
お披露目公演は、関千枝子作「広島第二県女二年西組」です。
12月5日・6日に谷町劇場にて4ステージ行うことになりました。
詳細は後日、公演情報のページでお知らせします。










inserted by FC2 system